溶接

基材を溶融して得られる構造的接続のため。
TIG/ MIG技術を含む。


構造的な関節のための

これらの工程は構造パイプを製造するのに用いられます。

もっともよく使用される材料は良好な接合性の鋼合金やアルミ合金です。

いくつかのケースでは溶加材を必要としない溶接技術(基本的にTIG)は投入なしで良質な継ぎ目が必要とされる接着に適用されます。

溶加材によるMIG溶接は強い耐性も持つ大きな継ぎ目が必要な際に使用されます。

最後に、この工程がろう付け技術を補完する時は、高度な生産性と作業の簡潔性から抵抗溶接が用いられます