ホームページ 製品エンジンパイプ

エンジンパイプ

エアーパイプ

圧縮システムからインテークマニホールドまでの加圧空気を通す直径40~60mmの金属パイプ

ステンレス鋼、アルミニウム、カチオン電着塗装で解決案を提供します。お客様のご要望に応じてクイックコネクター器を含めることも可能です。

高い洗浄レベルの仕様を考慮します。
フォトギャラリー エアーパイプ

ウォーターパイプ

直径15~30mmのステンレス鋼もしくは高い耐腐食コーティング(ニッケルなど)がされた鋼のパイプ

ドライブ•サブシステムおよびクーラーシステムからの冷却材の流れを送出または回収する配水セットの一部です。利用できるレイアウトや部品の機能に応じて様々な接続タイプを持ちえます。

エラストマーパイプの接続などの一体解決策も提案します。
フォトギャラリー ウォーターパイプ

オイルパイプ

これらのターボオイル供給・回収の部分集合体は金属で解決しえるし、技術エラストマーも統合しえます。(高温への耐性や熱工程、排気ガスによって分解されたオイルとの適合性)

オイルパイプはターボチャージャーエリアにおける通常形状規制による要求の厳しい曲げ加工が施された安全な部品と考えられています。高い柔軟性とシステムへの高いパフォーマンスを確保するためにベローズ成型によって製造されます。

接続のインターフェースの解決策、MMMにより特許取得されたそれらのいくつかの解決策はワッシャー、ねじ、クランプなどのシステムに組み込まれています。

私たちは洗浄の要求事項、高い温度条件での信頼性と耐久性を考慮します。
フォトギャラリー オイルパイプ

EGRパイプ

パイプは排気ガスが排気マニホールドから吸気マニホールドへ運ばれる温度範囲によって選択されますが、100%ステンレス鋼によって製造されます。

通常、最大温度が900℃までの条件では約0.4mmの薄厚のパイプで製造されまれ、硫黄腐食耐性の高い融材を用いたろう付け工程によって溶接されます。

ベローズのデザインのより組み立て時の柔軟性、異なる膨張吸収性、そして失われた厚さの厳しい管理が施されたベローズ成形による高い信頼性が生まれます。

フォトギャラリー EGRパイプ

リゾネーター

リゾネーターの性能はターボシステムから吸気マニホールドへ流れてくるガスを通じて運ばれる音響周波幅を吸収することです。

最適な減衰容量を達成する目的で、ステンレス鋼によって製造されます。MMMによって特許取得されたクイックコネクターが含まれています。

フォトギャラリー リゾネーター

燃料スピルパイプ

燃料噴射器、コモンレール、他の燃料噴射システムの構成部品から漏れた燃料をタンクに戻します。

中気圧範囲(250bar)条件でのステンレス鋼で要求の厳しい金属密閉性の解決策に共通して使用されます。

フォトギャラリー 燃料スピルパイプ

排気圧センサー

ステンレス鋼が用いられ、用途は異物フィルター管理のための排気システムの圧力を監視したり、ターボとターボの変形しやすい形状の管理のためです。

センサーシステムは超高温にも耐えられる金属パイプとフレキシブルパイプと電気センサーから成り、それゆえ気密性は高いレベルの精密性が求められる金属間接続によってもたらされます。

私たちのデザインはゴムホースとセンサーが抱える温度の危険性を減らします。製図の際に、凝結した酸の良い排出方法を考えます。

フォトギャラリー 排気圧センサー

エンジン挿入物

ゴムホースをキャストブロックに結合するための短くて高い精密性のパイプ(シリンダーヘッド、エンジンブロック、ギアボックス等)

ステンレスもしくは高腐食耐性コーティングの鋼で製造されます。
フォトギャラリー エンジン挿入物

オイルゲージ(ディップスティック)

クランクケース内のオイルレベルをチェックする構造。ガイドとディップスティックアッセンブリにによって構成されています。ディップスティックは異なる技術で利用可能です。(プラスティック、金属、混合品)

アッセンブリの気密性の部分集合体をチェックする可能性を提供します。

フォトギャラリー オイルゲージ(ディップスティック)