歴史

歴史

1944年に設立され、誕生以来、その歴史は、技術開発、大規模な顧客のadquisitionやその他の観光スポットでマークされています。

1944年
ジュアン・ベルダゲール・プリウによってMMM設立
1864年より続く金属加工分野での同族ビジネスを続けながら、プリウ一家は1944年バルセロナにMMMを設立しました。初期の製品は衛生分野関連でしたが、量りと分銅の生産も行っていました。この量りと分銅から最初の会社ロゴの着想を得ました。これらの事業が当社の現行の事業の礎となっています。
1954年
自動車産業での事業開始(日産モーターイベリカ)
1954年にイベリカモーターグループのエブロ・クボタ向けの部品製造を通して自動車産業分野へ進出し始めました。その後この関係はスペインのもイベリカモーター製造による最初の車両用に部品を製造するまでに広がります。
1987年の日産によるイベリカモーターの吸収合併により、MMMは日系グループとの事業を増やしました。

1989年
モリンズ・デ・レイ(バルセロナ)の現工場への移転
バルセロナオリンピックのために拠点の移転を余儀なくされましたが、その利点を生かし、生産拡大プロセスを続けるためにモリンズ・デ・レイに新しくて広い生産拠点を建てました。
1995年
ルノーとの取引開始
それまで培ってきた高いレベルのおかげで、MMMはヨーロッパのルノーのサプライヤーリストに名を連ねることができました。この提携からMMMはいくつかの国のルノー工場へ輸出をし、国際的な分野へ乗り出し始めます。
1997年
PSAグループとの取引開始
フランス市場で培った経験で、MMMは事業を強化しフランス自動車市場の他の大企業グループのサプライヤーとして確立します。
1998年
VW-Audiとの取引開始
企業が常に拡大するのに備え、OEMへの供給の蓄積された経験を生かしたおかげで、MMMはヨーロッパの一大自動車グループと提携を始めました。
2006年
ルーマニア、トゥルダにMMM Autopartsを設立。
競争力のある価格構造を維持するためにMMMはルーマニアのトゥルダ市に100%の生産子会社を設立することを決めました。2007年にISO9001の認証を受けました。
2011年
ダチアとの取引開始
ルノーとの長年の渡って築かれた関係のおかげで、MMMはダチアのルーマニア子会社との取引を開始し、トゥルダ工場からピテスティ工場まで直接届けています。
2012年
ロシアのグループ子会社の設立(M Automotive Rus-MAR)
サービス精神とお客様サポートに忠実でグローバル企業になることを目指し、MMMはロシアに工場を持つお客様へ製品をお届けするために新規投資をしました。
2012年に子会社M Automotive Rusがロシアのトリヤッチ市に設立されました。この新会社はMMMの100%完全子会社です。

2012年
トヨタとの取引開始
MMMは西ヨーロッパ市場での部品製造の戦略的サプライヤーに選ばれます。
2013年
ルーマニアに表面処理工場を設立
MMMはルーマニアの当社工場近くに表面処理工場を設立し、さらなる拡大を図ります。
2014年
ロシア生産工場の稼動
ロシアにMMM子会社が設立され、ロシアの主要自動車会社オートバスとルノーロシアから初期オーダーを受注したことから、MMMはトリヤッチ自動車産業のハブとして生産工場を設け、お客様のニーズに応えます。
この生産工場はエンジンモーター、構造パイプの製造から始めました